ホーム > 当院のご案内

当院のご案内

院長あいさつ

2000年3月酪農学園大学酪農学部獣医学科卒
2000年4月~高橋犬猫病院(世田谷)勤務
2004年4月~浅葉動物病院勤務 腫瘍科担当
2004年4月~麻布大学附属動物病院腫瘍科レジデント
2006年3月腫瘍科2種認定医合格
2009年7月~日本獣医がん学会評議員
 (腫瘍科担当)

当院の診療方針

浅葉動物病院は、一般的な予防や内科・外科の診療に加え、眼科と歯科、専門的な腫瘍科まで、ワンちゃんとネコちゃんの健康をトータルでお守りするホームドクターです。

すべての診療に関して、充実した機器をそろえ、専門的な訓練を積んだ何人もの獣医師が診察を行っています。

年齢を重ねたワンちゃんネコちゃんには、歯科、眼科、腫瘍科のトラブルが多くおこります。
そうした際に専門的な医療機関に転院することなく、気軽なかかりつけ医として、しっかりとした診断と治療を提供できます。

高度な医療が必要な場合には、細心の注意を考え、設備の整った高度医療センターをご紹介しておりますので、ご安心ください。

浅葉動物病院では、しっかりていねいに診察するだけでなく、飼い主様へわかりやすくご説明して、ご納得いただいた治療や予防を行っています。
わからないこと、気になること、ご心配なことなど、なんでもお気軽におたずねください。

診療時間・アクセス

病院名浅葉動物病院
所在地神奈川県厚木市元町9-9
電話番号046-221-0207
診察時間平日・土曜 9:00~12:00/14:00~19:00
日・祝祭日 9:00~12:00
(午後は予約診療のみ)
駐車場8台

夜間診療

夜はご家族がそろって見守る目が増えるので、異常に気付きやすい時間帯です。
特に犬や猫は体調不良を言葉で伝えることができないので、夜になってから症状に気付かれるケースが多いものです。どんな症状であっても、夜になってからの体調不良は飼い主様にとってご心配なもの。
そこで当院では、夜間など診療時間外に起きた突然の症状、急病などについて、できるだけ対応させていただきたいと考えています。まずは電話でご連絡ください。
TEL:046-221-0207

当院は夜間救急専門病院ではないので、学会への出席や手術、その他の事情で不在により対応ができない場合もあります。対応が不能な際には、自動的に留守番電話が応対に切り替わっています。その際には提携している夜間動物病院へご連絡ください。

夜間救急動物医療センター

Knight Emergency Animal Medical Center  NEAMeC  ニーメック
夜間救急動物医療センター(提携病院)

所在地〒259-1213 平塚市片岡21-1
電話番号0463-59-5900
URLhttp://www.neamec.com/

受診の際、当院の診察券をご提示いただくと、診療費のうちの夜間診察料が半額になります。(注:総額ではありませんので、あらかじめご了承ください)

当院で継続治療中の飼い主様の場合、当院で処方された薬をお持ちになって病状をご説明くださると的確な治療を早く行うことができます。

夜間救急動物医療センターでは、夜間に行った検査・治療の報告書が作成されて、その内容が当院にフィードバックされます。これにより、翌日以降の当院での治療引継ぎがスムーズに行えます。

医院名町田夜間動物病院
所在地〒228-0801 相模原市鵜野森2-25-33
電話番号042-767-5508

スタッフ紹介

浅葉動物病院のスタッフ達です。

ペットと飼い主様が末永く幸せに暮らせるようにお手伝いします。
大切なペットの何か不安なことがあれば、何でも聞いてくださいね。

副院長 浅葉公子

副院長 浅葉公子

1971年3月日本大学農獣医学部獣医学科卒
1971年4月同学部内科学研究室研修医
1972年4月浅葉動物病院勤務
 (外科担当)

獣医師 浅葉慎介

獣医師 古澤優


2004年3月北里大学獣医畜産学部獣医学科卒
2005年4月~浅葉動物病院勤務
獣医師 浅葉慎介

VT 杉村弥生


獣医師 浅葉慎介

VT 馬詰美那


獣医師 浅葉慎介

VT 飯塚沙織


獣医師 浅葉慎介

トリマー 平井朋子


獣医師 浅葉慎介

トリマー 森有紀子


院内施設・設備

※画像をクリックすると拡大表示します。

待合室
待合室

広くゆったりしているので、人見知りをするワンちゃん、ネコちゃんでもリラックスして過ごせます。

第1・第2診察室
第1・第2診察室

独立した個室の診察室が2つあります。

内視鏡医療機器、麻酔器、エコー(超音波)、血液生化学検査器、自動血球計算器、顕微鏡、ICU システムなど当院の設備機器の詳細は、こちらをご覧ください。

眼科機器について、詳しくはこちらをご覧ください。

歯科機器について、詳しくはこちらをご覧ください。