ホーム > 眼科
眼科

眼科診療について

眼科診療について

目のトラブルには、眼の内部や外部のさまざまな病態があり、それらが複合して相互に関連しあっていることが多いもの。
そのため、疾患をしっかり鑑別するためには、いくつかの検査を行う必要があります。

当院ではそうした幅広い眼疾患に対応するため、以下の検査を必要に応じて行って原因をしっかり見極め、最適な治療を行っています。

当院の眼科機器

スリットランプ
スリットランプ

眼を拡大して観察する検査機器です。
スリット状(細長)の光を投射することにより、眼の内部構造を立体的に観察できます。

白内障の診断や眼球内部の炎症(ぶどう膜炎)による浮遊物の確認など様々な検査が可能です。

Tono Vet 眼圧計
Tono Vet 眼圧計

眼圧を測定する検査機器です。
眼圧を測定することにより、緑内障やぶどう膜炎などの眼球内部の異常を確認することができます。

従来使われていたトノペン眼圧計と比較して眼に対する刺激が少なく、麻酔せずに測定ができ 、眼痛のある状況でも使用が可能です。

眼球内超音波検査
眼球内超音波検査

超音波検査装置によって、眼球表面から内部を観察する検査です。
網膜剥離や水晶体の脱臼等、眼球内の異常を検出します。
超音波は生体に対する侵襲が少なく、リアルタイムで安全に眼球内の構造的異常を確認することが出来ます。

倒像眼底検査
倒像眼底検査

専用レンズを用いて、眼底の状態を確認する検査です。
レンズの種類を変えることによって見え方や見える範囲が変わります。

網膜剥離や進行性網膜萎縮など眼底の異常を確認できます。

フルオレセイン染色検査
フルオレセイン染色検査

角膜表面の潰瘍を確認する検査です。
眼の表面(角膜)は透明な膜のため、肉眼では外傷・潰瘍の有無が判別困難な場合があります。
この染色液を使うことにより、角膜上の潰瘍を蛍光発色させて、確認することが可能です。
また、眼から鼻腔へ通じる鼻涙管の狭窄の有無も確認できます。
鼻涙管の狭窄が起こると流涙過多になり涙ヤケの原因となります。

シルマーティアテスト
シルマーティアテスト

涙の量を測定する試験紙です。
充血の原因となるドライアイの検査を行います。

細胞診検査
細胞診検査

先端に付いたマイクロブラシで眼の表面に存在する細胞を採取し確認します。
好酸球性角膜炎など、炎症のタイプの判別に使用します。