ホーム > 外科
外科

外科診療と麻酔について

当院では、麻酔に際しては術前に一般身体検査、および各種臓器の異常を検出するための血液検査を行って、安全性を確認してから行っています。

また術中には心電図、心拍数、血圧、血中酸素濃度、炭酸ガス濃度、麻酔濃度等を厳重にモニターし、可能な限り麻酔リスクを低減させています。

さらに、術後には酸素吸入や厳密な室温管理が可能なICUシステムケージもありますので、ご安心してお任せいただけます。

吸入麻酔や局所麻酔については下記をご覧ください。

吸入麻酔

一般的に飼い主さんが想像されている麻酔がこれだと思います。
吸入麻酔とは気管内に挿管した気管チューブからガス麻酔を肺へ送り込み吸入させるこ とによってかける全身麻酔です。(気管挿管に際しては導入麻酔という鎮静作用のある短時間作用型の麻酔薬を静脈内へ注射し、動物を沈静化してから行いま す。)開腹手術など、一般的な手術はほとんどがこの麻酔によって行われます。

メリット

全身にかける麻酔なので痛みの管理が容易です。
麻酔の吸入、排出が早いので麻酔深度の調節が容易です。

デメリット

麻酔深度を深くしすぎると自発呼吸が止まってしまうため、機械もしくは人力による補助呼吸が必要となります。全身的に作用させる麻酔薬であるため、腎臓や肝臓など薬物の代謝、排泄臓器が障害を受けていると使用できません。

局所麻酔

体表の傷など軽度の外科処置を行うときに使用する麻酔薬です。
外科処置をする部位周囲の皮膚に注射器で少量の局所麻酔薬を注入することによって処置部位の神経を麻痺させ、痛覚を遮断することができます。

メリット

少量の麻酔薬を局所的に使用するため、体に対する負担がほとんどありません。

デメリット

体表面局所のみの作用なので、広範囲に及ぶ体表の外科処置や開腹手術には使用できません。

去勢と避妊手術

去勢と避妊手術

去勢と避妊手術の目的は、ワンちゃん、ネコちゃんがかかりやすい病気のリスクを下げ、日常のストレスを少なくすることで、できるだけ長く、元気で、楽しく、飼い主様と過ごしていただくことです。

生後6~7ヶ月を目安に行いますが、生育具合によって手術に適切な時期が異なります。まずはご相談にいらしてください。

避妊手術

避妊手術は生後6~7ヶ月の雌で可能です。

避妊手術を行うメリット

避妊/発情に伴う問題行動の抑制/初回発情前の避妊による乳腺腫瘍の予防/
婦人科の病気の予防/子宮蓄膿症の予防/卵巣嚢腫/生殖器に起こる腫瘍の予防/
卵巣腫瘍・子宮の腫瘍の予防/糖尿病の予防
避妊手術は開腹手術が必要なため、手術後2泊3日の入院が必要となります

去勢手術

去勢手術は生後6~7ヶ月以降の雄で可能です。
それ以前に行うと尿道が狭窄して、尿道結石が詰まりやすくなる可能性があります。

去勢手術を行うメリット

雄の性成熟に伴うスプレーなどの問題行動抑制/
高齢になると起こる精巣の腫瘍、セルトリ細胞腫、ライディッヒ細胞腫/
精細胞腫の予防、前立腺肥大の予防
去勢手術は体腔外の手術であり切開創も小さいため日帰りの手術が可能です。